歯周病について

歯垢とは

歯垢とは歯に付着した細菌が繁殖し続け、繁殖し続けた細菌のかたまりのことをいいます。

みなさんは生きるためには食べ物や飲み物などの飲食が必要になると思います。
飲食を行うと食べ物のカスや歯に着色をしてしまいます。
歯に付着した食べカスや飲み物からやがて細菌が大量に繁殖し8時間程度たった時には歯垢ができてしまいます。
このようにできてしまった歯垢はプラークとも言われ、白く粘り気のあることが特徴的となっています。

歯垢は取り除かずに放置をすると虫歯の原因になります。
また歯垢にはとてもたくさんの細菌が含まれており、歯垢1gには1000億個以上の数えきれないほどの細菌が含まれているとされます。
歯垢の付着は誰にでも起こりうることであるためしっかりと除去することが求められます。

歯石とは

では続いて歯石とはどのようなものを指すのでしょうか。
歯石と歯垢は言い方がとても似ておりどちらも同じではないかと勘違いをされる方も多くいらっしゃいます。
しかし実際には歯石と歯垢は異なったものです。
ここでは歯石についてご説明をいたします。
歯垢は歯に付着をした食べかすなどから細菌が繁殖し続けて、細菌のかたまりになったものをさしました。
この歯垢は8時間程度で形成されて、その後は時間が経つにつれて段々と硬くなっていきます。
この歯垢が硬くなったものを歯石と呼びます。

歯垢から歯石にはおよそ2日間で形成されてしまうとされており、とても早いスピードとなっています。
また歯石は石のように硬く歯磨きなどでは取り除くことができません。
さらには歯石を放置し続けると、やがて歯周病の原因ともなるため歯科医院などでの除去が必要となります。